めのキッチンの美味しい生活

めのキッチンで実践して効果が出た「家庭でできる通風ケア料理」と「プリン体の減らし方解説」。また、普通食の創作料理を紹介しています。

焼きポレンタのチーズスプレッド添え

随分前の私のお昼ご飯です。

ストックのあった最後のポレンタ粉で作ったもの。

定番のチーズと合わせるポレンタですが、使ったのは市販のチーズスプレッドです。

上の娘のお土産ですが、これは以前私がそこで買ってきたもの。同じお店で手に入れて来たようです。

勇気を奮って(毎度のことながら自分のためじゃなく他者のためのつもりで)大きな一歩を踏み出した、思い出のあるチーズスプレッド。

「他者の幸せ」が「自分の幸せ」に間接的ではなくて、直接的に繋がって大きな幸せになることもあると体験した時にたまたま買ったもので、私にとってはなんだか思い出の品になっています。

焼きポレンタのチーズスプレッド添え

焼きポレンタのチーズスプレッド添え
ブログランキング・にほんブログ村へ

他者の意思に振り回される癖はなかなか抜けないけれども、少しずつ勇気を奮って自分の意思を外に出したり、自分のために行動したり。

自分の気持ちを否定しないことは、生きやすさに繋がるようです。

今日も社会復帰活動。

相手の思いに飲み込まれぬよう、自分の気持ち、目的、立ち位置をしっかりしたいなと思って、この画像を出してきました。

自分が自分らしくいられるのはどういう時かを知った時のことを思い出しておきたいのと、この料理のカラーが今の自分に丁度いいので見ておこうかなと。

俯瞰して物事を見たいし、自分が自然な状態でいる中で力を発揮できるならいいなと思います。無理してやることは避けたいです。

目標を定める色が入っていないけれど、自分の中に意識があるので見なくても欠けてはいません。

とうことで、心の赴くままに(自分の頭ではなく心に判断を任せて)しばらく進んでみたいなと思っています。

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

ごくたまに作る山芋や豆腐を使った擬製豆腐。

冷蔵庫にあるもので、なんとかメインを形作ろうとする時に登場します。

これは先月に作ったものです。

ヒジキ、干し椎茸、人参、胡麻、豆腐、山芋。粉と卵でつなぎにして、ラップで包んで上を輪ゴムで止めて、レンジでチン。

ちょうどいい型があったら、もっといいけれど……無いのでいつもこのやり方でいびつなものができあがってしまいます。

お隣さん用に大きく作ると、更に形が悪くなります。「2個にしなさい」って言われそうですが、そこは私がちょっと面倒くさがりなので、ついつい……。

例の庭の花壇の蕪と蕪菜を添えて、醤油ベース和風だしのタレをかけたらOK。

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐
ブログランキング・にほんブログ村へ

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐

乾物と人参と山芋の胡麻風味の擬製豆腐
ナメコの煮物
豚薄切り肉の煮物
蒟蒻の煮物
ワカメとキュウリの酢の物
切り干し大根と分葱の味噌汁
白米ご飯2杯

 

メインですが、余りメインっぽくないので、豚肉をささっと煮ました。

乾物使用でなんとか痛風ケア料理のできあがりです。

実はこれ、女子は擬製豆腐にお隣さんに使った素材を盛り合わせて、汁椀にしました。

ワカメ、分葱、豚肉も盛り付けて、味噌汁を注ぎました。

メイン料理であり、しっかりおかずで、しっかり汁物。外に何も要らないです。

お隣さんにはそういうわけにいかないもので……食材をバラバラに使って品数を増やしました。

同じ食材を使っても、まったく違う料理にできると、少しは料理が楽しくなります。

今日は今から社会復帰活動に行ってきます。

何事も人間関係。

過去の仕事は人と人、人とモノを繋いて喜んでいただくばかりで、自分そっちのけにしていました。

社会的動物である人間が人間らしく生きる上で、人との繋がりがなにより大切です。

これからは自分もちゃんとそこに加わるようにしていかなければと思います。

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風

ホウボウ。お高いですが、閉店間近の時間にどうしても売り切りたかったのかびっくりするほどの安さに値下げしてありました。

迷わず手が出ました。

そういう時は普段食べられない高級食材を手に入れるチャンス。

さて、何にしましょうか。

和風の煮つけ、唐揚げという定番も悪くないですが……痛風ケア料理ですから野菜たっぷり合わせてボリュームも出したいので、洋風煮にすることにしました。

ホウボウしかないけれど、アクアパッツァのように。

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風の痛風ケアメニュー

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ風の痛風ケアメニュー

ホウボウの野菜たっぷりアクアパッツァ
小松菜とモヤシの和えサラダ
茎冥加の甘酢漬け
茄子のスープ
白米ご飯2杯

 

トマト無しのハーブと塩と白ワインとオリーブオイルの伝統のアクアパッツァ

折角のホウボウなので、そのものの味を味わいたくてシンプルにしました。

ただし、野菜入れすぎ(玉葱、人参、ジャガイモ、キャベツ、葱)なので「風」です。

切り身の部分だけお出ししたら、お隣さんには何の魚かわからない上に、ボリュームが小さくなってしまうので頭の部分をわざと大きく切って調理して盛り付けました。

なんとなくご馳走感が出ました。

いつものお皿より一回り大きい深さのある皿なので、プレートに小皿がいつも通りにはのりませんが、ホウボウの頭のおかげでなんとかサマになっているようです。

ホウボウは味も良いですし、でっぷりした形なので肉厚で食べ応えもあります。

白身魚ということもあって痛風ケアに嬉しい食材です。

こんな格安になる時はもう無いかもしれませんが、格安で出会ったら迷わず買いたいですね。

 

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ

茶碗蒸しではありません。おかずとして成り立つようにした卵の蒸し物です。

子どもの頃の実家の位置づけでは、茶碗蒸しは手間をかけて作る立派なおかずで、おかず兼汁物という特別な扱いでした。

その特別なものが和食屋さんや旅館などの食事に余分について来るというのをすごいなと思っていたものです。

ところが、結婚すると茶碗蒸しは「おまけ」扱いになりました。おかずでもなく、汁物でもない。そこでは和食の「おまけ」についてくるものでしかなかったのです。

私にとって特別に具材を準備することも、丁寧に作る手間も何も関係無し。

それで、茶碗蒸しは子どもたちも大好きなのに、ほとんど作らなく(作っていられなく)なりました。

そんなわけで、茶碗蒸しではおかずにも汁物にもならないお隣さんに、こんなおかずを考えました。

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ
ブログランキング・にほんブログ村へ

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれの痛風ケアメニュー

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれの痛風ケアメニュー

豆腐と麩とほうれん草の卵蒸しピリ辛だれ
鰯のオイル煮(缶詰)
カニ蒲鉾
茄子の煮物
焼き油揚げ
エノキダケの味噌汁
白米ご飯2杯

 

材料の配合を変えて、硬めに仕上げた茶碗蒸しです。

出汁(プリン体)が少なめになって、卵(タンパク質)が多めになって、一石二鳥。

そして、肉、魚よりプリン体が少なめのタンパク質で嵩のある豆腐と麩を具に。

ピリ辛のたれを上からかけることで、ご飯の進むおかずという感じになります。

あり合わせ材料のみで作られた簡単で、タンパク質が摂れてプリン体が減らせるおかずです。

女子は小さい器に入れて出汁と味を追加してタレ無し。

けれど、器が小さすぎて出汁を思うように加えられず、茶碗蒸しよりやはり硬めになってしまって残念なことに……。

「茶碗蒸しは女子ごはんメニュー」そういうふうに頭を切り替えようと思いました。

 

 

鮪のエスニックスパイスハンバーグ

 

プリン体が多いのに、経済的理由で我が家の定番食材になっている鮪のアラ。

痛風ケアには不向きでもいろいろ混ぜ物してマグロを減らしつつ嵩増しすることで、日常のケア料理に組み込んでいます。

例によって、いつも同じ味付けでは作る私が飽きてしまうので、ハーブとスパイスたっぷりで、エスニック……というよりは無国籍風かもしれません。

調子に乗っていろいろ入れたら、ハンバーグそのものの味で風味が完結してしまい、ソースが難しくなってしまって……醤油ベースのシンプルなソースになりました。

かけるとハンバーグが吸い込んで、見た目には全く見えません。

一緒に火を通した添えのキャベツで確認できるだけになりました。

鮪のエスニックスパイスハンバーグ

鮪のエスニックスパイスハンバーグ
ブログランキング・にほんブログ村へ

鮪のエスニックスパイスハンバーグの痛風ケアメニュー

鮪のエスニックスパイスハンバーグの痛風ケアメニュー

鮪のエスニックスパイスハンバーグ
添え野菜
干し椎茸の煮物
蕪菜の胡麻和え
がんもどきの煮物
糠漬け
エノキダケと水菜と油揚げの味噌汁
白米ご飯2杯

 

鮪を使った日にがんもどきはどうかとも思いますが、味噌汁にも油揚げだけなので、許容範囲ということにしました。

前日に煮てあったので食べてしまいたかったという、よくある事情もありまして。

昨日は午前中はセラピーさせていただき、午後は上の娘に車に乗せてもらってホームセンターに行きました。

街の様子はマスク以外はすっかり元通りで、お店も混雑、道路も混雑していて渋滞で時間が取られてしまい、娘に申し訳ない気持ちになりました。

苗も残り少なかったけれど、おかげさまで、ようやく夏野菜に取り掛かれます。

転居してからあまりに収穫が少なく、本来の目的の節約になっていない感じで……上の娘が好きな豆を育てることにしました。

いつもと違うものを植えたほうが連作障害にもならないと思いますし、虫害の様子も変化するかもしれません(強烈な虫たちなのでダメ元)。

やたらと忙しい感じの今月。月末の単位取りを来月初めに一週間遅らせることにしました。

明日は社会復帰のための講座に参加予定で、今日は買い物をサボり(混みそうなので)明後日にして、その次の日は社会復帰のためにまた人に会いに行きます。

予定をしっかりめに詰めてしまって動いているので、ヨボヨボ(引きこもりでボヨボヨ?)になっている体はクタクタですが、流れを感じて気分は軽やかなので頑張れそうです。

分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ

困りますね。玉葱が高値で手が届きません。ネギも今は美味しくない時期です。

最後に手に入った分葱は味噌和えにするには育ちすぎて、根元がプクプクとかなり大きくなっていました。

ほら、何かに似ていませんか?

見た目だけエシャロット。

ということで、違う食べものだけれども、そこをスライスしてパスタに。

分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ

分葱とフレッシュトマトのスパゲッティ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スライスした分葱の根元をオイルでじっくり炒めて鶏肉の出汁を入れました。

味付けして、茹で上がりそうな状態のパスタを入れてフレッシュトマトを入れて、ざざっと仕上げます。

あっという間です。

活力と行動力の出る、体も活性化する赤色の食べ物。

自分に欠けている色。

先日も赤い色の服で勉強会に参加したのですが、そうやって少しずつ赤色を意識させていくと……出てきましたね、行動力。

すると気分は黄緑にシフトしてきて、緑系の服や鞄で動き出しました。

今、流れが来ているようです。

新しく何かを始める時のあの感じ。

赤の体力的な底力が無くて初動の行動力が鈍いくせに、疲れを溜めて全然休めないのに緑を避けている私が自ら欠けを補う時、流れが来る場合があります。

一気にたくさんのことがグルグルと動く、独特の状況になっています。

それのどれが先につながるチャンスなのかは不明ですし、繋がることは少ないですが、今は無理してでもチャレンジする時のように感じます。

眠い目をこすりつつ、朝起きてすぐ、あれやこれや動いています。時間が足りません。

今日も一日頑張ります。

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮

庭の花壇の育たなかった人参。葉は元気に育っていましたから、生でも茹でても堪能しました。

大量の菜っ葉類は、茹でて冷凍しておけば無駄にすること無く使い切ることができますね。

本体は情けない状態でしたが、人参と厚揚げの味噌マヨネーズにしていただきました。

葉の最後はこんなふうに。

プリン体の排出を促す牛乳をたっぷり。人参の葉の強めの風味がハーブのように牛乳の臭みを消してくれます。

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮
ブログランキング・にほんブログ村へ

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮の痛風ケアメニュー

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮の痛風ケアメニュー

豚切り落とし肉とジャガイモと人参菜のクリーム煮
分葱の椎茸味噌和え
干し椎茸の胡麻風味和え
サラダ盛り合わせ
ほうれん草のお浸し
ワカメとトマトのスープ
白米ご飯2杯

 

ボリュームを出す目的で豚肉と栄養的に相性がよいらしいジャガイモ。

玉葱は高値なので、少量。人参菜は多め。

お隣さんは具を盛り盛りで、しっかりおかずとして。

女子は汁多めでシチューのような位置づけでいただきました。

汁物が必須というお隣さんのお好みなので、さっとできるスープ。

それだけで美味しい感じの煮物とスープなので、ご飯がすすむように、胡麻味噌と椎茸味噌の和え、物を出しました。

そんな感じで生野菜、加熱野菜、牛乳、豚肉、海藻、発酵食品……いろいろな栄養素が摂りこめる、ヘルシー且つしっかり痛風ケアです。