めのキッチンの美味しい生活

日常生活の中のプリン体を減らした通風ケア料理と創作料理を紹介しています。

春菊のポタージュ

花壇の春菊。茎がもう硬くなっていました。

春になって硬くなった茎は……葉っぱだけ収穫しても良いけれど、貧乏性なので全部収穫して、硬い茎は粉砕していただきます。

サッと茹でて、ポタージュスープに加工です。

プリン体の排出を促す牛乳をたっぷり使うことも忘れずに。

器を変えるだけでなんだか美味しそうに見えちゃいますね……。 

春菊のポタージュ

春菊のポタージュ

人気ブログランキング

春菊のポタージュの痛風ケアメニュー

春菊のポタージュの痛風ケアメニュー

たっぷりパセリのポルペット
キャベツロールサラダ
大根皮の和え物
小松菜と金平の和え物
シメジの煮物
沢庵(市販品)
白米ご飯2杯

メインは昨日紹介したたっぷりパセリのポルペットのチーズを加える前のもの。

春キャベツの外葉のロールサラダを添えました。

洋風のメインに、和風の小皿という、いかにも日本の家庭料理というラインナップ。

多国籍の料理が一緒に並ぶのは日本の家庭っぽくて、落ち着くと言いますか、違和感無いですね。

常に頭は柔らかく。どうでもいいルールには縛られず。気持ちに余裕をもってフレキシブルに暮らしたいものですね。

たっぷりパセリのポルペット

花壇のイタリアンパセリが、恐ろしいほど生い茂っています。

昨年の今頃、一度植えたところ、虫に食べられて全滅。再度植え直しをしまして、それもあっという間に虫に見事にやられ始めました。

秋までずーっと虫と戦い続けて、ほとんど食べられないまま昨年が終わりました。

ところが……冬の寒さに虫がストップしたことで、雪にも負けずギリギリで越冬。

今や、わしゃわしゃと急激に大きくなっています。

チャンス!!

イタリアの肉団子、パセリたっぷりのポルペットを作りました。

たっぷりパセリのポルペット

たっぷりパセリのポルペット

人気ブログランキング

まな板にいっぱいのパセリ を入れて、赤ワインとパセリの良い香りの中で肉を捏ね、表面にもパセリの葉を貼りました。

ソースはトマト。春ですし、薄切りの玉葱をたくさん入れました。

本当は中にリコッタかなにかチーズを入れたいのですが、チーズ嫌いのお隣さんにお出しできなくなります。

悲しい……。

でも、そこでめげず。

お隣さんの分を盛り付けた後、フライパンの中身にチーズを……。

後入れチーズでも、食べれば口の中はそれらしいポルペットの味。

トマトにもチーズにも肉にも負けず、たっぷり入れたおかげでパセリが香ります。

私の至福の時……。

私の心の健康には、時々イタリアに思いを馳せたり、懐かしんだりする日が必要なようです。

イタリアの空気を思い出せば、心が大きく広く深く、柔軟なベストの状態に戻っていくようです。

竹輪と葱の天串

葱の美味しい季節は最終盤。地産品のコーナーは、もうネギ坊主ができている茎の硬いネギが並んでいました。値段はまんま偉そうでしたけど。

これは前回に買った葱。ネギ坊主になる直前の太くなった茎。外側は少し硬くなりかけているけれど、中は栄養と旨味が詰まってジューシーです。

それを使えばただの竹輪の天ぷらもちょっと特別感が……?

ということで、串に挿してから天ぷらにしてみました。

半分は海苔を巻き付けて磯部揚げ風に。 

竹輪と葱の天串

竹輪と葱の天串

人気ブログランキング

竹輪と葱の天串の痛風ケアメニュー

竹輪と葱の天串の痛風ケアメニュー

竹輪と葱の天串
キャベツの梅和え
干し椎茸の煮物
ウドの酢味噌和え
厚揚げとワカメの味噌汁
白米ご飯2杯

 

女子用には中にチーズ入りも混ぜました。チーズ嫌いさんには茹で野菜もおからも何も、特に詰めてあげる物が無かったので、無しで。

キャベツが安価になって来て、ふんだんに食べられそうなので梅和えにしました。

我が家の人気料理?の一つですが、梅干と和えてしんなりさせると嵩が減ってたくさん食べてしまいますから、キャベツが安価な時限定です。

ウド。やっぱり春の間に一度は酢味噌で。私の春の定番行事?です。

お漬物を切らしただけなのですが、なんだか、ちょっと品薄な感じがしてしまうメニューですね。

厳しめのプリン体をしっかり減らしたメニューです。

 

ケールと卵のスープ

一昨年あたりからヒット中のポークジンジャーバーグ。

豚挽き肉が安い時に買って、たくさん作って冷凍しています。ご飯にも合うし、ハンバーガーにしても美味しいです。

おまけのようにそれを出して、本当のメインは大切り野菜の煮物。

和風だしに、カレー系のクミンやターメリックなどを加えて煮込みました。

これもリピートするかもしれません。

ということで、メイン2種という豪華さ。

そして、紹介するのはスープという……。 

ケールと卵のスープ

ケールと卵のスープ

人気ブログランキング

ケールと卵のスープの痛風ケアメニュー

ケールと卵のスープの痛風ケアメニュー


ポークジンジャーバーグ
南瓜の煮物
大切り野菜の和風カレースパイス煮
モヤシの和え物
沢庵(市販品)
ケールと卵のスープ
白米ご飯2杯

 

先日のケールと人参のサラダに使ったのは葉の柔らかい部分で、残りの茎の部分や見切りワゴン品のため生食はちょっとというしなびかけた部分は使いませんでした。

そこは加熱して美味しくいただくということで、スープに。

残りの葉はザクザクと切って、茎は繊維を立つように薄切りにしてコトコト煮ます。柔らかくなったら味付けして、溶き卵を入れてできあがり。

キャベツの外葉に近い味でしょうか。甘味が出てきて生食のほろ苦さとは別物になります。

プリン体の量としては、少し出汁が気になりますが、野菜の煮物はほとんど野菜の旨味とスパイスで、鰹出汁は少しです。

スープの鶏ベースの出汁のプリン体と、ハンバーグのプリン体が大半なので、スープにガンガンに出汁を使わなければ大丈夫でしょう。スープもケールの旨味で鶏出しは控えめにできますからね。

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒め

一昨日の雨、昨日の強風で、桜の花は跡形もなくなりました。

そして、先月から花壇の葉物の茎が一気に硬くなり始めました。

蕪なんてまだ株元が十分育っていないのに…。

茎の部分を諦めて粘って蕪を育てるか、葉を食べるために抜くか、二者択一。

とは言え、一度には食べられないので、半分間を抜いて半々にしました。

抜いた抜き菜はもう少し硬くなりかけているけれど、炒めてメインに。 

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒め

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒め

人気ブログランキング

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒めの痛風ケアメニュー

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒めの痛風ケアメニュー

蕪菜(抜き菜)と人参と竹輪のキムチ炒め
砂肝の炒め
めかぶの煮物
いんげんの煮物
沢庵(市販品)
麩と葱の味噌汁
白米ご飯2杯

 

野菜ためでもキムチを一緒に炒めれば、それほど嫌がられません。ご飯のすすむ味になりますからね。

砂肝を小皿に。メインで食べるより量が少ないのでプリン体の量が不明でも安心です。

特別これと言って目立った食材が何も無い日。やはり花壇に野菜があると助かります。そろそろ花壇の入れ替え時期です。

今年は虫対策を新たに……と思っています。転居して5回目チャレンジ。今年こそは害虫に負けないようにできたらいいなと思います。

ケールと人参のサラダ

なぜか、味噌カツ丼をいただきました。それもちょうど今の人数分の3個きっちり。

上の娘がいたら女子ご飯で終わるところですが、女子二人には3個は多い……。

でも、お隣さんに1個では足らない。2個丸ごと渡したら、プリン体が多すぎかもしれません。

しばし悩みましたが、私の分のカツ以外を全部お隣さんにあげればよいと気づきました。

お隣さんの鍋料理のために買った、いつもの大きなレンチンしてそのまま食べられるプラ容器に、まず、1個分のご飯を移し、その上にまるっと一食分のカツ丼をのせました。

ご飯の上にカツじゃなくて、カツ丼。これならOK。

いただきものなので、他に何か作らなくちゃ……。

ケールと人参のサラダ

ケールと人参のサラダ

人気ブログランキング

味噌カツ丼の痛風ケアメニュー

味噌カツ丼痛風ケアメニュー

味噌カツ丼(いただきもの)
菜花と卵の和え物
ケールと人参のサラダ
ヒジキと竹輪の煮物
白菜漬け(市販品)
エノキダケと葱の吸い物

 

こういうお惣菜(お弁当?)のものはキャベツ入っているけれど、ごく少量。

野菜が足らないな~ということで、見切り品ワゴンで50円の特大ケールに決定。

生で食べやすい部分だけを短冊切りにしました。人参を薄くスライサーで切りました。形が悪くなった人参の残りはおろし金でガリガリおろして、ドレッシングに混ぜて人参ドレッシングにします。

ケールはちょっと硬いので、ドレッシングを和えてしばらくなじませてから盛り付けました。

生のケールはマヨネーズをつけてそのままかじるとほろ苦さが前面に出ます。

苦いものが苦手な下の娘が嫌がるかと思いきや、予想通りに人参ドレッシングが苦みを抑えてくれて、苦いとも言わずに食べてくれました。

いただきもののおかげで手抜きができて助かりました。ありがたかったです。

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツ

春です。昨日出先で見た桜は満開を過ぎ、葉桜。今日の雨で一気に散っていくことでしょう。

ウドの先端部分を天ぷらにしました。

こうすると爽やかさとともに、ほろ苦さも味わえますね。

美味しい塩だけでいただきます。

とっても和なのに、メインはフランス風の切り分けタイプの厚焼きのオムレツ、フラン。

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツ

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツ

人気ブログランキング

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツの痛風ケアメニュー

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツの痛風ケアメニュー

豆腐と葱とカニ蒲鉾の厚焼きオムレツ
添え野菜
ウドの天ぷら
青海苔の佃煮
人参の洋風煮物
糠漬け
ナメコとエノキダケと油揚げの味噌汁
白米ご飯2杯

 

フランス風オムレツのフランと言いつつも、和風。

しっかり水切りした豆腐、出汁になるカニ蒲鉾、葱を入れています。

材料は和風、味は優しめの洋風。

ソースは醤油マヨネーズクリーム。これがよく合います。

プリン体はかなり控えめ。鶏卵さまさま。

全然ケア料理じゃなさそうな痛風ケア料理。しかも厳しめのケア。

こういうのは家族も大満足で、同じものを食べても誰からも不満は出ませんね。

我が家はケアとは別の事情で別々に食事をしていますが、本来望ましい家庭は一緒に食卓を囲むことでしょう。

ですから、家庭でのケア料理はケアすべき人もケア不要の人も一緒に皆が満足して食べられるという点を目指したいものです。