めのキッチンの美味しい生活

めのキッチンで実践して効果が出た「家庭でできる通風ケア料理」と「プリン体の減らし方解説」。また、普通食の創作料理を紹介しています。

根曲竹と鯖缶の味噌汁と豆腐の和風ココット風

世の中は5月と言えばゴールデンウイークという感じで、早々に終わってしまうと五月病という声が聞こえてきます。

ところが、私は子どもの頃からゴールデンウイークは学校に行かなくて済むというだけのことで、その分、家のことが忙しかったものです。

働くようになっても同様のペースで仕事も言えも忙しくて、そこを過ぎるとなんとなく一仕事終わったな~という印象で暮らしてきました。

五月病などなりようもなかったですね。ゴールデンウイークの家での心身の疲れがドッと出ることはありましたが……。

今は毎日がお休みのような生活。

このところは学会と勉強会に行くという行事が入って、席が無くて立って乗っていく列車に、少しゴールデンウイーク感を味わっています。

お土産を買って来ました。

毎年そちらで知り合った方(今や大切に思う友人)におすすめを教えてもらって買って来ます。

お土産品もあれば、地元の食材、今そちらでヒット中のものも選びます。

お菓子は私が味見分をもらって、残りは全部上の娘に。甘いお菓子を食べない下の娘に買ってきた流行の総菜パンも丸ごと上の娘に。

下の娘の注文だったお焼きは上の娘がやって来ていたので急遽三人で分けることになり……今年は下の娘の取り分は少なかったですね。

もう一つ買ってきたのが筍。根曲竹。当然、上の娘にも持たせました。

教えていただいた食べ方でいただきました。

根曲竹と鯖缶の味噌汁

根曲竹と鯖缶の味噌汁

プリン体の多い鯖で、鯖缶は汁ごと使う料理のためにプリン体丸ごとです。

まあ、1缶一人分ではないのでさほどナーバスになる必要はありませんが、おかずに肉と魚は避けたほうが安全性が高まります。

ということで、メインは豆腐と卵の蒸し物。

豆腐の和風ココット風

豆腐の和風ココット風
ブログランキング・にほんブログ村へ

豆腐の和風ココット風の痛風ケアメニュー

豆腐の和風ココット風の痛風ケアメニュー

蒟蒻ステーキ
切り干し大根と人参の煮物
豆腐の和風ココット風
牛蒡の煮物
米麹漬け
根曲竹と鯖缶の味噌汁
白米ご飯2杯

 

生卵がお嫌いなお隣さんにはしっかり目に火を通しますので、つい白身が被って真っ白になって見た目が悪くなります。真ん中が黄色かったら綺麗です。

それに、帰宅後すぐで冷蔵庫がほぼ空。緑色のものも無かったので、花壇から無理矢理ちぎってお隣さんの蒟蒻に添えるのが精一杯でした。

豆腐を丸く切って中央を少しスプーンで取ってくぼませて卵を割り入れました。

周囲の切り落とし部分と中央の取り除いた部分は、くずし煮にして娘と私の分。

お隣さんはくずした豆腐もお嫌いです。失敗した料理としか思えないらしく、くずし豆腐の汁物を最初に出した時「(不注意で)落としたのか?落としたのを入れたのか?」と……。

私はくずし豆腐は味浸みも良いし好きなのですが、あまりやらないように心掛けています。とは言っても、娘も好きだし、時々やっちゃいますけれども。

それぞれ好みがありますから、料理にしてもお土産にしても、相手が好まないものはできる限り避けて提供したいと思っています。

「好き嫌い言わず、何でも食べなさい」の時代ではありません。それが無くても他の食材から同じ栄養を補える選択肢がある時代。

ありがたいです。

ただ、食糧危機はもう始まっていますから、これもいつまで続くか分かりません。

手にする食材がどこから来るか、どうやって自分の手元に来るかも少しは考えながら家族のためだけでなく、日本のため、世界のため、地球のためと視野を広げ思いを馳せつつ暮らしたいものですね。