めのキッチンの美味しい生活

めのキッチンで実践して効果が出た「家庭でできる通風ケア料理」と「プリン体の減らし方解説」。また、普通食の創作料理を紹介しています。

椎茸の海老詰めフライ

痛風気味でも痛みが出ないように暮らしたい、尿酸値を下げたいと思ったら、ちゃんと実行できるように、プリン体を減らす食事について細かくお伝えするために、昨日のような記事を継続していきたいと思いました。

ブログサークルのコメント欄をお休みして過去5年の毎日のケア料理を整理させていただきましたが、実はまだ継続中。

バタバタは続いておりますが、今後は並行してやっていきたいと思っています。

やることいっぱいで、ケア料理サボりたい日もあります。が、サボれませんので手抜きで、お惣菜をメインにしました。

椎茸の海老詰めフライ

椎茸の海老詰めフライ

人気ブログランキング

椎茸の海老詰めフライの痛風ケアメニュー

椎茸の海老詰めフライの痛風ケアメニュー

椎茸の海老詰めフライ(総菜)
添え野菜
刺身蒟蒻辛子酢味噌和え
切り干し大根の煮物
人参の煮物
もずく酢
黄金トマトスープ
白米ご飯2杯

 

お惣菜はケア料理に採用する前に、一度試食します。材料にたくさん旨味をプラスしているなと思うものは量を減らさねばなりません。材料の配合も確認したいですね。

総菜は食品表示だけで量が計測できませんから、判断は自分の舌が頼りです。

椎茸の海老詰めフライ。危険な名称です。肉詰めならたぶんOKで味見不要かもしれませんが、海老は危険物。これが手作り品なら即NGという代物です。

分解して海老を探す、食べて海老の味の濃さを確認……さすが格安品でネーミングほど入っていませんので「合格」です。

こんなふうに、「痛風ケアはには安物がお勧め」という場合がかなりあります。

さらに、小皿や何かを全部海藻と野菜に。タンパク質が不足しそうなあまりお勧めできない厳しめケアになっている可能性が高いですが……こんな日もあってOK。

お惣菜の揚げ物はガッツリ感があって、ケア中の人にはうけがいいと思います。

実は我が家、ケア食数年目になってからお惣菜の良さに気がついて、採用率が上がりました。ケア食を毎日きっちり手作りなんて大変です。お惣菜も上手に利用したいですね。