めのキッチンの美味しい生活

めのキッチンで実践して効果が出た「家庭でできる通風ケア料理」と「プリン体の減らし方解説」。また、普通食の創作料理を紹介しています。

ほんのり葡萄風味のスペアリブ 2020クリスマスごはん

クリスマスはやたらチキンと言うけれど……今年はやめて、スペアリブ。

モモなどの赤身よりプリン体の少ないバラ部位ですから大きめのを3本。 

原則的に白米ご飯にご飯が進むおかずを要求される中、クリスマスは洋風にシフト

したメニューにするチャンスです。

スペアリブも普段なら和風や中華風の味付けが多いのですが、こんな時は洋風。

夏に飲んでいたフルーツ風味の飲料酢。寒くなると飲まなくなって、調味料化。

マスカット風味のものを使いました。西洋人がフルーツの甘さと酸味を使うのと

同じ感じですね。希釈タイプですから少し甘味として使いました。酢ですから

肉が更にやわらかくなり、ほろりとほぐれます。ハーブ、スパイス、トマト(が

無かったのでケチャップ)に赤ワイン。塩。

プリン体を減らすために下茹でしたリブを引き上げて漬け込み、改めて加熱します。

ほんのりワインとマスカットが香り、洋風の上品な味。 

ほんのり葡萄風味のスペアリブ 2020クリスマスごはん

ほんのり葡萄風味のスペアリブ 2020クリスマスごはん

人気ブログランキング

白菜のスープ
サンタオムレツ
ほんのり葡萄風味のスペアリブ
サラダ盛り合わせ
抹茶クリーム添えチョコプリン

 

スープは白菜。外葉を使ったのでほんのり緑色。牛乳を使ってプリン体の排出を

助けてもらいます。このスープとスペアリブはそれぞれ、それだけで完結した品で、

白米のおかずにはできなくはないけれど、決して相性がいいわけではありません。

そこで、玉葱メインの具のシンプルピラフにして、オムレツに。

クリスマスなのでサンタにデコレーション。これで気分が盛り上がりますね。

デザートはチョコプリンに、甘さを控えて抹茶を入れたほろ苦ホイップをのせて、

クッキーとみかん。あり合わせでで作っても、無いよりいいです。

痛風ケアに甘いものはダメではありませんので、こんなふうにイベント時はこちら

から差し入れることもありますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ