めのキッチンの美味しい生活

日常生活の中のプリン体を減らした通風ケア料理と創作料理を紹介しています。

椎茸ハンバーグ

大きな生椎茸が手に入ると、ついつい作りたくなります。

肉厚の大きな椎茸はそれだけをソテーにしてもたまらない美味しさですが、

これを肉詰めにすると……。

もう想像ができますね。

とは言え、見た目は味の想像ほど美しいかというと「?」です。

椎茸の形がよければいいのですけれどね。不揃いの特売品ですから。

椎茸ハンバーグ

椎茸ハンバーグ

人気ブログランキング

 椎茸ハンバーグ
添え野菜
ピーマンのサラダ
牛蒡の煮物
南瓜の煮物
黒糖梅干し(いただきもの)
キャベツのスープ
白米ご飯2杯

 

このサイズの椎茸になると、椎茸の肉詰めじゃなくてハンバーグ。

プリン体を控えるために、プリン体の少ない椎茸が肉厚なのはプラスです。

ここにお肉もたっぷり使いたいのを我慢して、メインは椎茸だと言い聞かせ

ながら肉を詰めすぎないようにします。

それだけで、優秀な痛風ケア料理に大変身です。肉は少な目にしても十分に

味が出て、ジューシーな椎茸をぐんと引き立ててくれます。

和風のあっさりとしたたれにすると、肉と椎茸の旨味が前面に出てきます。

添え野菜には輪切りの大根と人参のソテー。

大根を添え野菜にするようになると、冬が来たという感じがする私です。

澄んだスープはキャベツを大切りのまま圧力鍋で煮込んだもの。

箸で切れる程度のトロトロのキャベツです。

ボリューミーな椎茸に大切り野菜でお腹も満足、プリン体も満足いく少なさ。

ケア料理には全く見えない、ご馳走感のある痛風ケア料理です。