めのキッチンの美味しい生活

日常生活の中のプリン体を減らした通風ケア料理と創作料理を紹介しています。

ベイクドチーズケーキ

ケーキは計量が必須とよく言われますが、私はこれも軽量しません。

「大体これぐらい」で作ってしまいます。

適当にやっても大きな失敗をしたことはありません。過去に、たまにはレシピを

見てやってみようと数回やって、失敗や不味さですっかり懲りてしまいました。

つまり、他者が作るレシピは所詮他者のレシピ。あくまで参考でしかないです。

一つ一つの素材の味も品種や環境でその都度異なりますから、味も変わります。

料理は、料理に必要な科学的知識と常識、経験があって味音痴でなければ、

レシピも軽量も不要で、好きなように作れるということらしいですね。

これは混ぜて焼くだけタイプの簡単ケーキですが、味は本格的。

何しろ、ベイクドチーズケーキはプロが作っても混ぜて焼くだけのはずですから。

ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ

人気ブログランキング

材料は……
クリームチーズ
完成した時に美味しくなる味の好みのものを選びます。
卵。
繋ぎとして焼いて崩れないであろう量を入れます。濃厚な卵はケーキも濃厚な味。
レモン。
酸味で美味しさを引き出すためで、ほかのフルーツでもサワークリームでも。
生クリーム。
濃厚さとまろやかさ、口当たりの滑らかさ、クリーミーさを出すため。
砂糖。
甘くするためですが、酸味とのバランスを取る感じですね。
粉。
分離を防ぎたくて、ほんの少量入れています。
以上です。

素朴なビスケットが残っていたので、バターを混ぜて台にしました。

よくあるなんちゃってのお手軽土台ですね。

材料が揃ったら、できあがりの味や形、食感を具体的にイメージして、そうなる

ように作ること。常識的な手順で求める食感になるように混ぜ、焼く。

表面に焦げ目がほしくて最初は高温、生地が多すぎた?ために高さがあったので、

焦げ目の様子を確認してから低温でじっくり、表面をしっとりさせるために水を

張って焼きました。

冷めたら冷蔵庫へ。最低一晩は寝かせたものが私の好みです。

ずっしりと重量があり、濃厚なチーズの旨味、滑らかな口当たり、爽やかな酸味、

それを程よく活かす控えめな甘さ。口の中でなんちゃって土台に加えたバターが

ほんのり香り、有塩バターの塩気がさっぱりとさせてくれます。

これは家族は勿論、お友達にも好評です。